フリーランスとサラリーマンってどっちがいいの?

ヤるサロン

こんにちは!なぎさです!

8月31日~9月2日まで、私が入っている「ヤるサロン」というオンラインサロンがあるんですが、
その合宿で淡路島に行ってきました!

海辺

 

やるサロンとは???
「20代のパラレルワーカー・ノマドフリーランス最強集団」をつくるための創造活動の場を提供しているサロン。メンバーにはフリーランスが多く、サラリーマンしながら副業で稼いでいる方もちらほら。ブログやコンサル、note、スポンサーで稼いでる人が多いです。

 

 

そこで出会ったフリーランスの人たちに聞いた言葉をツイートしたら、

けっこういいねが伸びたのと、「なんで??」っていうリプをいただいたので、

もう少し詳しく書きますね!

 

 

淡路島合宿は1週間だったので、平日からいる人もいれば土日だけ来る人もいました。

 

もともと銀行員だった人、鬱になりかけて会社を辞めた人、海外から帰ってきたばかりの人・・・など、フリーランス(ガチな無職もいた)からたくさん話を聞く機会がありました。

 

テーブル団らん

フリーランスが偉いわけではない

世の中や、ネットの意見では、

「サラリーマンオワコン」

「満員電車乗る社畜ども」

「上司の顔色うかがってばかり」

「まだ東京で消耗してるの?←」

などなど、サラリーマンに対する批判的な意見が目立ちます。

 

でも別に、サラリーマンだからダメ、

フリーランスだったり独立してるからエライとか、

どっちがいいかなんてそれぞれの自由なんです

 

1回サラリーマンやってないと、サラリーマンをディスれないよ

ヤるサロンのメンバーが、1回はサラリーマンやっとけといった理由は、

「1回サラリーマンやってないと、サラリーマンをディスれないから」

なんです。

 

1回もサラリーマンやったことない人が、サラリーマン侮辱してても、

それは説得力がない。

だから、両方経験しておいたほうがいい

という理由。

 

サラリーマンでいながら最強に自由な人もいる

サラリーマンでありながら、自分の好きなように仕事をしている人もいます。

代表はZOZOTOWNの田端さんですね。


田端さんのように組織に属し、

組織をうまく利用しながら個人的な仕事をするという

「ブランド人」という生き方もあります。

 

 

まとめ:結局は自分次第

サラリーマンもサラリーマンで、会社に守られているというメリットを
生かすこともできます。

 

フリーランスとサラリーマン、どちらがエライというわけではなく、

自分にあった生き方をするのが1番大事!!

ということですね。

 

記事を読んでいいなと思った人はぜひシェアお願いします☺

The following two tabs change content below.
なぎ

なぎ

22歳の新卒複業家。ライター。新卒だけどいろんなことに挑戦したいと思い、ライターの仕事と会社員を両立。新卒複業の働き方・ミレニアル世代のトレンド・SNSの活用法を発信します。 お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちらから。